定年退職を機会に離婚を進めるべきか?! 女性のための離婚相談 女性弁護士による離婚相談を実施しております。

定年退職を機会に離婚を進めるべきか?!

1 夫の定年退職を機会に離婚したいという、妻からの相談が増えています。

夫が定年退職をする、ということは、夫が会社に行かずにずっと家にいるということ、これを恐怖に感じる妻からの相談が増えているのです。

他方、夫からの相談では、妻から突然離婚を切り出されて戸惑っている、という内容の相談が多い印象です。

2 なぜ、夫の定年退職で、妻はこれを機会に離婚しようと考えるのでしょうか。

多くの相談者の方々は、それまで、夫のモラハラや、暴言・暴力、ケースによっては夫の不貞を我慢してきたといいます。とても婚姻関係を継続できないと思われるようなことがあっても、子どもが成人するまで我慢する、夫が稼いでいるうちは経済的な理由から我慢する、そのように我慢を重ねながら日々過ごしてきたといいます。これらの我慢も、夫が日中、家にいないからできること。夫が定年退職を迎えるということは、夫が今後、24時間家にいることを意味します。このような生活は耐えられない、だから、これを機会に離婚を考えるのです。

3 また、経済的な理由からも、定年退職は離婚のきっかけになりえます。

これまで、夫の収入に頼っていた専業主婦の妻からすれば、夫が稼がなくなるのであれば、夫の収入を頼りにすることができません。年金か、パートか、それまで貯めてきた財産の切り崩しか。いずれにせよ、夫と一緒にいる経済的な意味が、退職前と比べて、格段に落ちてしまうのです。離婚すれば、年金分割の制度により、婚姻期間中の年金を公的に分割してもらうことができます。特に、夫が家計を管理しているような家庭であれば、妻からすれば、離婚した方が自由に使えるお金も増え、経済的にもメリットがあるともいえます。まして、夫の退職金が何千万円か支給されるのであれば、夫が使い込んでしまう前に、離婚に伴う財産分与できちんと分けてもらう方が良いと考えることもできるでしょう。

4 他方、夫側からすると、これまで長年会社勤めをし、ようやく定年退職になり、家でゆっくり過ごしたい、と思っておられる方が多いのではないでしょうか。

もちろん、中には、定年退職後に第2の人生をと考え、離婚を希望される男性もおられます。もっともこのような方は、定年退職よりもっと以前から、妻との離婚を希望されていたと思われるケースが多いように思います。

夫の思う「家でゆっくり」ですが、家事を担う妻の負担を増大させる、ということになっていることがほとんどです。「これまで家族のために働いてくれてありがとう。」「定年後は家でゆっくりしてね。」、そのような優しい言葉や態度を求めておられる方も多いことでしょう。ところが、妻の方は、長年ためてきた不満を、最終的に離婚という形で終わらせる、ということを考えているかもしれないのです。

日本は、社会構造上、男性の収入は嵩上げされており、女性と比べて明らかに多くの収入を得ることが可能な社会であるといわれています。男性は、その高い収入をもって、外でも内でもいわゆる力を振るうことが可能でした(もちろん、そのような力を振るう人もいれば、振るわない人もいます。)。

では、定年退職後は、どうでしょうか?

5 定年退職を機会に離婚すべきかどうか判断するためには、それぞれのメリット、デメリットを知っておくことも大切です。

【メリット】

  • 自由な生活
  • 配偶者に束縛されない生活ができます。これを機会に、第2の人生で、自分の好きなことをするのも良いでしょう。

  • 自分でお金を好きに使える。
  • 配偶者に気を遣わないで、自分の自由にお金が使えます。

  • 配偶者のための家事の負担がなくなる。
  • 特に専業主婦の妻にとっては、大きな負担が減ります。

  • 配偶者の親の介護の負担から免れる。
  • これも、実際によくある事柄です。

【デメリット】

  • 生活レベルが落ちる。
  • 本来、夫婦二人で生活した方が経済的です。離婚するということは、一つの世帯での生活を二つに分けるということですから、生活レベルは落ちることになります。もっとも、家計を一方が完全に管理しているような家庭では、管理していなかった方は、離婚後は自分の自由にお金が使えるようになり、個人として考えれば経済的にメリットがあることもあります。

  • 一人の生活に孤独を感じる。
  • 病気になったときの不安などもあるでしょう。

  • 親の介護に困る。
  • 親の介護を一方配偶者に任せるつもりであった人からすれば、困った事態になります。

6 弁護士に相談を!

弁護士は、定年退職を機会に別居、離婚したい、と考えておられる方、あるいは、離婚を切り出された方のご相談をお聞きしています。

別居、離婚について迷っている場合でも、ご相談いただければ、今後、ご自身がどのような道を選ぶのが良いのか、いろいろと参考になることでしょう。

別居、離婚するかどうかに拘わらず、ぜひ一度、弁護士にご相談ください!

離婚問題を弁護士に相談すべき理由
離婚問題を弁護士に相談すべき理由
よくあるご相談例
よくあるご相談例
ご利用方法

相談のご予約

まずは、お電話で法律相談のご予約をお取り下さい。

ご相談予約電話番号 
0742-81-8361

相談に関するご希望等(相談場所、相談時間、担当弁護士等)がございましたら、ご予約の際にお伝え下さい。

なお、弁護士が相手方から既に相談を受けている場合や、その他相談に応じることに支障がある場合には、相談をお断りする場合があります。

弁護士による法律相談

予約された日時に、当事務所へお越し下さい(電話やメールによる相談は行っておりません)。

弁護士が相談に応じます。

弁護士には守秘義務がありますので、秘密は固く守ります。

相談の結果、弁護士に依頼されるかどうかは、相談者の皆様の自由です。当事務所から、相談者の皆様の意に沿わない勧誘を行うことはありません。

離婚相談シート ダウンロード (PDF file)

ご依頼

相談の結果、弁護士に依頼されることを希望される場合には、その旨ご連絡下さい。受任させていただく場合には、ご要望に応じ、見積書を作成いたします。その後、内容をご検討の上、ご依頼されるかどうかお決め下さい。

ご利用方法の詳細はこちらから
ご予約・お問い合わせはこちらへ
ご予約・お問い合わせはこちらへ
相談予約受付中 0742-81-8361
メールによるお問い合わせ

アクセスマップ

生駒事務所(奈良・登美ヶ丘)

住所

〒631-0003 奈良市中登美ヶ丘6-3-3 
リコラス登美ヶ丘A棟202号
TEL 0742-81-8361 
FAX 0742-81-8362

電車

近鉄けいはんな線「学研奈良登美ヶ丘駅」南出口を出ると、目の前にrecolax(リコラス登美ヶ丘)があります。その2階(コンビニエンスストアの真上)に生駒事務所があります。

自動車

  1. 精華町、木津川市、京田辺市、交野市、四條畷市からは、国道163号線を使用し、「鹿畑町」交差点を南へ曲がって直ぐです。学研奈良登美ヶ丘駅の手前のガソリンスタンドを超えたところを左折し、同駅北口やリコラスの手前の細い道を南に進むと、右手にリコラスの時間貸駐車場があります(90分無料となりますので駐車券を当事務所にご持参下さい。)
  2. 第二阪奈道路を使用した場合は、「中町インター」を下りて北へ向かい、近鉄学園前駅の横を通って更に北へ向かって下さい。学研奈良登美ヶ丘駅の手前で側道に入り、同駅南口の正面を通り、道なりに右へ曲がったところにリコラスの時間貸駐車場があります(90分無料となりますので駐車券を当事務所にご持参下さい。)。

松柏法律事務所(大阪・北浜)

住所

〒530-0047 大阪市北区西天満1-7-20
JIN・ORIXビル 802号
TEL 06-6360-6500 
FAX 06-6360-6540

電車

京阪本線もしくは地下鉄堺筋線「北浜駅」を下車し、(京阪)26番出口から地上へ出て下さい。または、京阪中之島線「なにわ橋駅」を下車し、3番出口から地上へ出て下さい。

難波橋(通称ライオン橋)を北側にわたりきったところにある交差点(難波橋北詰)の北西角(わたりきって左側)にあるビルです。

自動車

阪神高速環状線の「北浜出口」から一般道に下りたところにある交差点(難波橋北詰)の北西角(わたりきって左側)にあるビルです。来客用の駐車場がありませんので、お近くのコインパーキングか弁護士会の地下(有料)に駐車した上でお越し下さい。


Copyright(c) SHOHAKU legal profession corporation. All Rights Reserved.
0742-81-8361メールLINE