離婚をしたい方の相談 女性弁護士による離婚相談を実施しております。

離婚をしたい方の相談

相談の内容

相手方は、離婚に反対していて、協議離婚ができそうにないが、離婚をする方法はあるのでしょうか。

離婚ができるかどうかの見極め

夫と妻の合意がなければ、協議離婚はできません(民法763条)。つまり、こちらが離婚を望んでも、相手方が離婚に合意しなければ、離婚はできないのが原則です。

ただし、民法770条1項は、双方に離婚の合意がない場合でも、一方だけで離婚の裁判を求めることができると定めています。

一方の求めだけで、離婚ができる場合は、以下のような場合とされています。

  1. 相手が不貞(不倫)行為をしたこと
  2. 相手が悪意の遺棄をしたこと(生活費の不払いや、介護が必要なのに放置すること)
  3. 相手の生死が3年以上わからないこと
  4. 相手が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないこと
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があること

①~⑤のうち、①~④までが具体的であり、その内容がわかりやすいのですが、⑤の「その他婚姻を継続し難い重大な事由」というのが抽象的であり、わかりにくいかもしれません。しかし、多くのケースでは、この⑤の該当性があるとして、離婚が認められています。

「その他婚姻を継続し難い重大な事由」には、相手方への暴力(DV)がひどいこと、重大な犯罪を犯したこと等も含まれますが、このような顕著な事情がない場合には、婚姻関係修復の見込みがないことが基準となります。そして、この修復の見込みは、わかりやすい判断要素、つまり、別居期間によって判断されることが裁判実務の運用です。

離婚が認められる別居期間は、それまでの同居期間の長さ、未成年の子がいるかどうか等によって左右されますが、同居期間が長期に及ぶ場合には、3年程度から離婚が認められる可能性が出てきます。

相手方の意思に反して離婚ができるかどうかの見極めは、①~④にあてはまるかどうか、そして、あてはまらない場合には、⑤の特段の事情があるかどうか、そして、特段の事情がない場合には、さらに、別居期間が長期間となっているかどうか、ということとなります。

離婚をするための対策

① 相手方に離婚原因がある場合

相手方が不貞行為(不倫)をした、暴力行為(DV)などをしたので、離婚したいと考えられている場合は、その事実が離婚原因となりますので、その事実を裁判所に証明できる証拠を確保するようにしましょう。

② 相手方に離婚原因がないが、別居中の場合

相手方にも、こちらにも、離婚原因となる行為がないが、既に別居をしている場合には、別居期間の長さが離婚ができるかどうかの基準となります。

別居期間が短い場合は、期間の経過を待つこととなりますが、その間、こちらが相手方や子の生活費(婚姻費用)を支払わなければならない場合には、きちんと、その支払いをしておくことをお勧めします。その支払をせずに、別居をしていると、悪意の遺棄があるとして、離婚裁判において、こちらに不利な評価を受けるおそれがあるからです。

③ 当方側に離婚原因があるが、別居中の場合

別居となった原因が当方の不貞行為(不倫)や暴力(DV)等にあった場合、有責配偶者からの離婚請求として、離婚裁判で、離婚が認容されないリスクがあります。ただ、こちらに離婚原因があれば、いつまでたっても離婚が認められないか、と言えば、そういうわけでもなく、やはり、別居期間が長く、修復の見込みがないと判断されると、離婚が認められます。この場合も、別居期間の長さが、最終的には重要となります。

ただし、別居期間が長期に及んだ後も、離婚に際して、不貞行為等を理由とする慰謝料の支払いは免れないので、ご注意ください。

④ 同居中の場合

同居をしていて、かつ、裁判離婚が認められる各事情のない場合には、できるだけ早期に別居を開始するようにしてください。

離婚が認められる事情がない場合には、別居をしていること、そして、別居期間の長さが、裁判で離婚が認められる基準となりますので、可能な限り、早期に別居を開始する必要があります。

ご利用方法

相談のご予約

まずは、お電話で法律相談のご予約をお取り下さい。

ご相談予約電話番号 
0742-81-8361

相談に関するご希望等(相談場所、相談時間、担当弁護士等)がございましたら、ご予約の際にお伝え下さい。

なお、弁護士が相手方から既に相談を受けている場合や、その他相談に応じることに支障がある場合には、相談をお断りする場合があります。

弁護士による法律相談

予約された日時に、当事務所へお越し下さい(電話やメールによる相談は行っておりません)。

弁護士が相談に応じます。

弁護士には守秘義務がありますので、秘密は固く守ります。

相談の結果、弁護士に依頼されるかどうかは、相談者の皆様の自由です。当事務所から、相談者の皆様の意に沿わない勧誘を行うことはありません。

離婚相談シート ダウンロード (PDF file)

ご依頼

相談の結果、弁護士に依頼されることを希望される場合には、その旨ご連絡下さい。受任させていただく場合には、ご要望に応じ、見積書を作成いたします。その後、内容をご検討の上、ご依頼されるかどうかお決め下さい。

ご利用方法の詳細はこちらから
ご予約・お問い合わせはこちらへ

ご予約・お問い合わせはこちらへ

相談予約受付中 0742-81-8361
メールによるお問い合わせ

アクセスマップ

生駒事務所(奈良・登美ヶ丘)

住所

〒631-0003 奈良市中登美ヶ丘6-3-3 
リコラス登美ヶ丘A棟202号
TEL 0742-81-8361 
FAX 0742-81-8362

電車

近鉄けいはんな線「学研奈良登美ヶ丘駅」南出口を出ると、目の前にrecolax(リコラス登美ヶ丘)があります。その2階(コンビニエンスストアの真上)に生駒事務所があります。

自動車

  1. 精華町、木津川市、京田辺市、交野市、四條畷市からは、国道163号線を使用し、「鹿畑町」交差点を南へ曲がって直ぐです。学研奈良登美ヶ丘駅の手前のガソリンスタンドを超えたところを左折し、同駅北口やリコラスの手前の細い道を南に進むと、右手にリコラスの時間貸駐車場があります(90分無料となりますので駐車券を当事務所にご持参下さい。)
  2. 第二阪奈道路を使用した場合は、「中町インター」を下りて北へ向かい、近鉄学園前駅の横を通って更に北へ向かって下さい。学研奈良登美ヶ丘駅の手前で側道に入り、同駅南口の正面を通り、道なりに右へ曲がったところにリコラスの時間貸駐車場があります(90分無料となりますので駐車券を当事務所にご持参下さい。)。

松柏法律事務所(大阪・北浜)

住所

〒530-0047 大阪市北区西天満1-7-20
JIN・ORIXビル 802号
TEL 06-6360-6500 
FAX 06-6360-6540

電車

京阪本線もしくは地下鉄堺筋線「北浜駅」を下車し、(京阪)26番出口から地上へ出て下さい。または、京阪中之島線「なにわ橋駅」を下車し、3番出口から地上へ出て下さい。

難波橋(通称ライオン橋)を北側にわたりきったところにある交差点(難波橋北詰)の北西角(わたりきって左側)にあるビルです。

自動車

阪神高速環状線の「北浜出口」から一般道に下りたところにある交差点(難波橋北詰)の北西角(わたりきって左側)にあるビルです。来客用の駐車場がありませんので、お近くのコインパーキングか弁護士会の地下(有料)に駐車した上でお越し下さい。


Copyright(c) SHOHAKU legal profession corporation. All Rights Reserved.
0742-81-8361メールLINE